毎週木曜日は、おでかけ(園外保育)の日です。雨の日、雪の日も楽しくお出かけします。お友だち同士で助け合い、励ましあい、自然を体験し、社会性や自立心が育ちます。

 休憩しながら、よりみちをしたり、楽しい発見をしながらたくさん歩くことで、心も体も強くたくましくなっていきます。

 


いもほり


いちごつみ

 みどりの子どもたちはとにかくよく歩きます。歩くときには手をつなぎたい人を子どもが決めます。入園してまだ間もないすみれグループのお友だちはまだ上手に歩くことができません。そんなときは歩くのが上手なゆり、ぱらグループのお友だちが手をつないでくれます。「追い越しはだめだよ」「きちんと手をつないで歩こうね」「大きい人が道路がわになって歩くんだよ」などのいろいろなルールはお兄さんお姉さんたちから少しずつ学びます。

昨年度は

歩いて… 
公園(西大畑、むつみ、いこい、他門川、万代など)
水族館、西海岸プールなど

 

幼稚園バスに乗って…
郊外の公園(浜辺の森、水戸教、大江山、濁川、みなとランドなど)
イチゴつみ、芋の苗植え、ぶどうがり、いもほり、水族館、自然科学館、
西総合体育館プール、アクアパークプール、ほんぽーと、
ニノックススキー場へそり遊びなど

 

電車に乗って…
新津美術館、植物園、新津鉄道博物館、加茂山公園

にいきました


ニノックスそり遊び

 

 

★お母さんから一言★

 

子ども
「ねえ、今日おでかけの日?」

「そうだよ」
子ども  
「やったあ-!!今日のおでかけ公園。今日晴れ。誰と手をつなごうかな?」

「一緒に行きたいな」
子ども   
「ダメだよ-。だって友だちと行くんだもん。でも、お土産持ってきてあげるね」
母 
「リュックの中にお弁当入れて。用意して」
子ども 

「おにぎり1個でいいよ。シートも入れてっと。雨降る。雨具いる・・・?水筒にお茶いっぱい入れて」

 

おでかけの朝の会話です。
楽しい発見をいっぱいして、いい笑顔で帰ってくる事を願って送り出します。
お土産は、石かな・・・?木の実かな・・・?
元気な「ママあのね」の言葉かな。
時に緊張したり、友だち同士いたわりあったり、
とっても発見、収穫の多い素敵なおでかけです。