幼稚園部は月火木金です。

 保育園部では毎日です。


 「さぁ、お弁当にしましょう!」の声に「一緒に食べよう」「おとなりになろう」とお友だちを誘い合って、お弁当のしたくをします。「今日のデザートなーんだ?」「おにぎりの人手を挙げて!」とうれしい声がいっぱいになります。

 お弁当は、子どもにとってとても嬉しく楽しみなことです。凝ったおかずでなくていいのです。前日の夕食のおかずを少しとっておいたもので大丈夫です。どうぞ気負わず作ってください。

 なお、希望制給食弁当があります。この給食弁当は、卵・牛乳・化学合成添加物を使わず、玄米菜食料理の安心野菜のお弁当です。

 

 

 

 

★お母さんから一言★

 

 幼稚園での生活にもなれてきた6月、いよいよお弁当が始まります。先生から「子どもの食べられるものを食べられる量いれてください」と、説明がありました。子どもの好きなものをいれるのでお弁当作りには苦労しません。また、お弁当により、子どもの栄養バランスを考えて、おやつの内容を考えたりできます。子どもはお弁当をとても楽しみにしていて、リクエストをしてきたり、親子での会話もはずみます。緊急事態のときは、父親がお弁当をつくったこともありました。

 すみれ(年少)の時とばら(年長)の今では、お弁当箱の大きさが倍になりました。子どもが楽しんでお弁当を食べることができることは、親としてとても嬉しいことです。心とからだの成長を守ってくださる神様に感謝いたします。